Google
検索例・・・「稼ぐ インターネット」「儲ける インターネット」
「安心 サイドビジネス」「ツール 集客」

2008年02月08日

アクセスを集め易いブログ記事のコツ

アクセスを集め易いブログ記事のコツ
著 者: 週末起業家まうす

もっともアクセスを集め易い記事タイトルってどんなものかごぞんじですか?
これを知っていると、あなたのブログへの新規訪問者の数を簡単に増やせます。
ともかく来てもらいさえすればそこからは別の方法があります。(笑)


あなたのブログに記事がけっこうたまって来ましたね。
コメントをときどきしてくれるお友達も出来ました。
人気ランキングからのアクセスもそこそこあります。

・・・でも、新規顧客がなかなか増えません。
アクセス解析してもいつも同じIPアドレスの方ばかり。
どうしたらいいでしょうか?

よく考えて見ましょう。
あなたのブログはなんに関するブログですか?


もしかして情報商材のアフィリエイトに関するブログですか?
それならお金儲けに興味のある人が来てくれたらいいですよね。

ですからそういう感じのキーワードを盛り込みますよね。
「簡単に稼げる」「無料でウハウハ」「1ヶ月で60万円」「不労所得」
・・・確かにお金儲けにアンテナが高くなってる人たちが集まりますね。

友達化したリピーターがほとんどですけど。。。


もしもアドセンスのサイトだとすると、
金融、株式、医療系、ゲーム関係、
その辺のテーマに絞って高額の広告料ゲットを目指してますね?(笑)

では、当然ながらそれに関連したキーワードてんこ盛りの記事は満載ですよね。
アドセンスはその内容に応じて高額広告を提示してくれますから、
クリックしていただければしめしめです。

しかもそういうキーワードで検索して来てくださるのは濃い属性の方々です。
クリックしてくださる率も高い。
でも、競合相手が多いから、狙ったキーワードでの来訪者が少ないです。。。


え? ただの日記ブログにアドセンスを配している?
アクセスはいかがですか? ぼちぼち。 ふむ。

何々? 週末起業家まうすの情報に従って記事を書いているのに
あまり儲かっていない?

(・Θ・;)アセアセ… 

いや、それ、私のせいですか?  
すみません。ぺこ  ぺこ  ぺこ




さて、ではね、情報商材アフィリブログにしても、
高額広告狙いのテーマ型アドセンスブログだとしても、
日記ブログであわよくばアドセンスだとしても、

確実にアクセスを集めることができる記事をお教えします。
それはですね、そのとき話題の中心にいる芸能人の名前で始まる記事です。
ゴシップやエッチ系ね(^。^;)。

ワイドショーでわいわいやられている最中のカップルだとか、
http://www.viralarticle.com/article704.html
新しく始まった注目度の高い恋愛ドラマの主人公カップルとか、
http://www.viralarticle.com/article700.html

けっこうみんなが知っているCMに起用されたアイドルの話題で始まる記事だとか。
(たとえば熊田曜子さんの話題でアコムに話を振れば金融系の広告もでます。)


そういったタイトルにして、中身ももちろんそういう話題にして、
文章力があればそのままブログのテーマに搦めて記事にしましょう。
そうでなかったらその話題だけで終わってもけっこうです。

それでやってきた人たちは属性は低いのですが、
とりあえずあなたのブログに来てくれるのですから、
出口をアドセンスか、アフィリリンクひとつに絞ってしまえばOKです。

http://blog.livedoor.jp/nao0031/archives/50704322.html



芸能人ネタってほんとに不特定多数の人たちがわっと群がるから面白いです。
私が上で引用しているヴァイラルアーティクルの二つの記事も、
実際に実験してみてふだんの数倍のアクセスを経験した記事たちです。

属性を絞って中身の伴う記事の連続で濃い人たちを集めるのも大事ですが、
ときには不特定多数が群がる芸能記事を載せるのも、息抜きにもなって楽しいですよ。

そのときだけのアドセンス収入でももちろんいいですし、
大勢来た来訪者の中に、一人でもあなたのブログを気に入って
お気に入りに登録してくれればそれはめっけもんじゃないですか(笑)。


この話(本質)、実はviralarticleにすでに投稿してあるのですが、
http://www.viralarticle.com/article489.html

閲覧数とかの人気が今一なのでタイトルを変えてここにリライトしてみました。
話の中身は同じですが、どちらがより効果が高いか。


これもまた実験ですの(笑)。


週末起業家まうすの週末起業インフォスペース
http://blog.livedoor.jp/nao0031/


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
posted by おやじ at 00:59 | TrackBack(3) | インターネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

bux3.comってご存知ですか?

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

ところで、ひとつ前の記事に書いた、bux.toの記事 ご覧いただきました?

もうひとつ見つけたんです!全く同じレイアウトで、設定もほぼ同じなサイト 「bux3.com」

このbux3.comの方は、PayPalが使えますので、PayPalをお使いの方はお試しください。

でも、こんなサイトが増えてくると、ほんとに楽しくなってきますよね?
以前からあったのかな?
知らないのはボクだけ?


posted by おやじ at 16:57 | TrackBack(0) | インターネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

bux.toが変わった?

bux.toってご存知ですか?
webページを30秒間見ると、お金がもらえる例のサイト

ご存じない方は、Bux.toから登録してみてください。

もちろん、無料で登録できて、1日15前後のwebサイトを30秒ずつ閲覧するだけで、お小遣いがもらえます。10ドルから出金できるんですね。
そして、あなたが紹介した人が閲覧してもお小遣いがもらえる というやつ。

ところで、そのBux.toなんですが、最初に登録したときは確かpaypalで登録したはずだったんですが、AlertPayに登録しないと出金できなくなったみたいなんです。

どこにもPayPalの文字がなくなっており、代わりにAlertPayに。自分のプロフィールの覧も同じく。

コツコツ毎日閲覧してたんですけどね。早くAlertPayに登録しなくちゃ...
posted by おやじ at 16:17 | TrackBack(0) | インターネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

CMS

CMS
著 者: 涼クール

近頃、耳なれない言葉がやたらとあるような気がして、そういった単語に出会うたびに、いちいちググッてるのも面倒くさいときがあります。


一度調べたものなのに忘れてしまっているとか、調べたことさえ忘れているとか(笑)よくあるので、備忘録の代わりにこのブログを利用したりしてるんですね。


んで、今日は

『CMS』

について調べてみました。



「Contents Manegement System」

の略らしいんですが、これだけだと何のこっちゃ分かりませんね。



簡単に説明すると


『Webページのコンテンツの作成、編集、配信を管理するソフトウェア』


のことらしいです。



もっと分かりやすい例を挙げると、このブログなんかもその一種なんですね。



有名なところでは


・Zope
http://zope.jp/

・XOOPS(英語サイト)
http://www.xoops.org/


などがあります。
  


こうしてまとめてみると、なるほど同じものだったんだと、改めて認識できてなかなか良い感じですw


ブログなどもそうなんですが、このCMSのメリットは


1)HTMLやCSSなどの言語知識がなくてもコンテンツを作成できる
2)ページ毎のデザインの変更が不要
3)テンプレートを使用して、Webページを自動的に作成できる
4)プラグインなどの使用により、ポータルサイトやコミュニティサイトの  作成が可能


などでしょうか。


実は僕も、こういったサービスを利用しようとしてるんですが、いまいち利用にあたってのアイディアが出しきれていません。


まさに暗中模索状態ですw


『CMS解体新書』とかがあると助かるんですが(笑)ない物に頼っても仕方ないので、まあ、ぼちぼちガンバッテみます!

原文はこちら↓

http://kasegu-kotu.seesaa.net/article/25458494.html

********************************
稼ぐコツ!~5億稼ぐ道〜
http://kasegu-kotu.seesaa.net

涼クール
********************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
posted by おやじ at 20:04 | TrackBack(0) | インターネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

1日で1000アクセスを稼ぐ秘訣

1日で1000アクセスを稼ぐ秘訣
著 者: 野良犬まっさーのアフィリエイトブログ。

検索エンジンからのアクセスについて。


アドセンス用にしても、物販用にしても、
検索エンジンからのアクセスが欠かせないです。

でも、例えば「ダイエット」だとか「キャッシング」
みたいな超激戦区といわれるキーワードは

SEO対策をきっちりしておかないと上位表示なんて絶対無理です(泣


ではどうするのか。


「激戦区じゃないキーワードで勝負すればいいじゃん(´∀`)」


以上。


というとまたまたブーイングがきそうなので(笑)


まあいわゆる「ニッチなキーワード」と呼ばれるやつですね〜(´∀`*)


ポイントはまず、キーワードアドバイスツール


で月間検索回数5000回程度、検索結果が10万以下のキーワードを

探します♪


ブランド名+○○とか芸人名+動画なんかが狙い目かも。
例グッチ キーケース、ムーディー勝山 動画 など。

極端に言えば月間検索回数500程度でも、検索結果が2万件程度なら
十分アクセスが期待できます。


次に、そのキーワードで上位表示されているサイトの強さを
key造で調べます。


表示されたサイトのページランクの平均が1程度なら
特に対策しなくてもそのキーワードで上位表示が十分可能。


そして見つけたキーワードで記事を書きます。

※記事のタイトルの最初の部分は、見つけたキーワード。

本文中もそのキーワードを多めに入れる。


たったこれだけのことですけど、「難しそう」「面倒だ」とやらない人が
多いんですよね^^;


数こなせば、この方法で1000アクセスは軽く達成できるはずですよ〜

クリック単価が安いキーワードでも、アクセスさえ集まれば
それなりに稼げます♪


難しく考えないで、まずは行動してみてください♪

SEOを勉強するのは、それから後でも十分です。


野良犬まっさーのアフィリエイトブログ。
http://blog.noraneko20.com/


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

posted by おやじ at 18:38 | TrackBack(0) | インターネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

ドロップシッピング知ってます?

10ijouによるドロップシッピング講座
著 者: 10ijou

Googleで検索したら2,720,000件もありました。


ドロップの船じゃないですよ。どんぶらこ〜どんぶら〜



ドロップシッピングとは


在庫を持たず、売れた商品の発送もせず、代金回収の必要もなくネットでもうけられる 。それが、「ドロップシッピング」です。

在庫を持たなくていい中間業者という感じですね。


在庫を抱えずに済むので、商品を仕入れる手間、在庫管理・金利などのリスクは皆無のようです。


顧客から注文がきたら、その品目および数量をメーカーや卸売業に顧客直送でオーダーするシステムです。

「ネットにつながったパソコンさえあれば、30分でドロップシッピングサイトを開設できます」という話です。


ドロップシッピングは、アメリカでは、着実に浸透しているようです。
日本にもその波が押し寄せてきています。


これから先、アフィリエイトも生き残ると言う話ですが、
ドロップシッピングによりますますネットビジネスは多様化することは必至のようです。


それについていけない企業は淘汰されるかもしれません。
電脳卸やSeesaaなど、ドロップシッピングに対する動きが活発です。





ドロップシッピングの特徴


先ほどと同じことですが、在庫を持たず、売れた商品の発送もせず、代金回収の必要もありません。


また、商品価格を自由に決められるという点が特徴の一つです。


売れ行きが悪ければ値段を下げてもいいし、ホームページの見栄えをよくしたり、商品の種類や値段を変えたりもできます。


小売業の経験者の方から見ると、チェーン店の力に頼らずとも、商品調達網をもち、販売手法や、提案力のみで勝負できる、有効な手法という話です。


このように個人が手軽にはじめられるというところが大きな特徴ですね。






ドロップシッピングの具体例

[DSFY.com]というサイトを運営している富田氏は「漢字」をデザインしたTシャツなどを外人に販売しています。
http://www.dsfy.com/


このようにニッチなものを扱うのが個人では効果的です。


米国では、ドロップシッパーといわれるドロップシッピングの商材を提供するメーカーを紹介する情報サイトがいくつかあり、そこで契約が簡単にできるしくみができあがっているそうです。





ドロップシッピングの今後

デイリーリサーチの2006年7月4日の記事によると
http://japan.internet.com/research/20060704/1.html

全体に対してドロップシッピングを知っているか聞いたところ、「知っている」と回答したのはわずかに1.37%(14人)、

「聞いたことがある程度」も10.79%(110人)にとどまった。

「聞いたことがない」が圧倒的多数の87.83%(895人)となった。

調査対象は20代から50代の男女1,019人。男女比は男性40.53%、女性59.47%、年齢別は、20代23.45%、30代43.87%、40代25.12%、50代7.56%。

このようにドロップシッピングは2006年7月4日時点ではあまり知られていません。

しかし、最近は大手の参入も相次いでおり、今後が楽しみなサービスの一つです。
ちなみに全体の約半数(48.28%)が「普及すると思う」と予想しているようです。

ボクも普及すると思っていますが、なかなか手が出ません。






●発行責任者     10ijou

●お問い合わせ・感想 eweekM@gmail.com   

●ブログ         http://10ijou.blog72.fc2.com/

●メルマガ        http://www.mag2.com/m/0000201205.html


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
posted by おやじ at 00:24 | TrackBack(0) | インターネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

インターネットビジネスを始める

100円からはじめる稼ぎの感覚
著 者: i.Alchemist 寺田尚史

インターネットビジネスで稼ぐのって、難しいですよね。

もちろん、金額次第ですけど・・・

継続的に毎月50万、100万となるとキチンとプランを練って、相当な実践を積まないと稼げないでしょう。

一方、瞬間風速的に50万売り上げるとなれば、グッと現実的になります。
たとえば、1万円の情報商材でアフィリエイトの報酬が5000円の場合、100本販売できれば売上50万円です。

さらに5000円稼ぐのなら、もっと簡単です。
アフィリエイトの報酬が500円のものでも、たった10個売れれば5000円です。

さらにさらに月100円なら誰でもできます。
アドセンスにブログを利用して2か月取り組めば必ず達成できます。

最初は時間がかかるかもしれませんが、2週間もして作業に慣れてくれば1日1時間もかかりません。


もちろん、広告費や時間・労力を考えると、ビジネスとしては成り立っていません。


でも、例え1円でも自力で稼ぐことができるとメンタル面で大きな変化があります。

まず、「やればできるんだ」という成功体験と自分に対する自信ができます。

これが強力なモチベーションとなって、次の作業に取り組めます。
作業をすれば、当然結果がでるので、更に次の作業へ取り組めます。

【稼ぎの循環】が始まるのです。


情報だけ収集していても、あなたのためにほとんどプラスにはなりません。
時間とお金の浪費といってもいいでしょう。

唯一のプラス面は、あなたの欲望、購買欲と知識欲を満たすことです。

あなたにとってインターネットビジネスが「趣味」ならば、
「時間とお金を消費できること」があなたにとっての価値となります。

ただ、本当に「商売」としてあなたがインターネットビジネスにとりくんでいるのならば、
情報収集、インプットのみの活動は、「悪」です。

たとえ、評論家になるにしても、なにも実践していなければあなたの言葉には力はなく、
机上の空論では読者にはあなたの言葉は響かないでしょう。


たとえ効率が悪い、稼ぎとはいえない、と思っても、まずは「1円」を稼いでみませんか?

0と1の間には非常に大きな溝があるんです。

この溝を乗り越えれたとき、なんとなくですが【稼ぎの感覚】が芽生えます。


【稼ぎの感覚】がついてくると、情報の入り方・感じ方が今までとは全く変わります。

私の場合をお話しますと、たとえば、1万円の商材を購入しようかと考えるとき、
収益0のときは

「今月はもう別の商材を購入しちゃんたんだよなー。
 今回は見送ろうかなー」

と考えていましたが、

収入が少しづつ増えてくると、

「これを購入して、アフィリエイトで4本販売すれば元は取れるな。
 これからこの分野のこの話題は注目を浴びるだろうから即買い!」

と考えるようになりました。

つまり、情報や商品の購入を『消費』ではなく、『投資』として判断するようになったんですね。

私が取り組んでいるリセールライトビジネスの場合、必ず初期投資が必要になります。
この精神的余裕(?)ができると、リセールライト商品販売が加速するわけです。


ですから、今収入が0の人は1日でも早く1円稼いでください。
【稼ぎの感覚】を掴むために。

誰でも出来ます。雑念を払って、作業するだけですから。

今からでも取り組めます。あなたが1日でも早く始めれば、それだけ早く稼げるようになりますよ。

0ではいつまでたっても0のままですから。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 リセールライト事始
 http://e123.info/

 リセラー王 寺田尚史

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/
posted by おやじ at 18:34 | TrackBack(0) | インターネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。